借金!消費者金融 【 mmb2011 】

借金!消費者金融

借金!消費者金融

お金があればなんでも手に入る。というわけではありませんが、
日々生活してゆくためにお金はなくてはならないものです。

お金をたくさん持っている人は確かに存在しますし、
あるところにはあるのがお金。
そして同じように、ないところにはないのがお金。
「金は天下の回り物」とはいいますが、ないところには
なかなか回ってくるものではありません(笑)

お金お金という考え方はあまりよくないと思います。
何に使うかということを自然に考えることができる人はいいですよね。
金なんてただのものですし、あの堀江さんの本『金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの? 』はそういったお金に関して読むのはとてもいい本だと思います。
人生金じゃないですよ。でも必要だよね。

どうしてもお金がないとき

お金が必要なのにどうしてもない、足りないという時。
あなたならどうしますか?
そんな時のために、お金を貸してくれるところがわが国にはありますね。
そう、消費者金融です。
キャッシングやローンは即日で借り入れができるスピードキャッシングがあるため
借り入れしたいという時に環境がものすごく整っています。
ですが、、、

・借金=お金を借りること

お金がないのならば、お金をかりればよい。
借金すればよいのです。という安易な考え方はやめましょうね。

お金を貸してくれるところ。いわゆる金融機関ですが、
わが国の場合には、大まかに分けて3つあります。
銀行、クレジットカード、消費者金融。細かく考えれば他にもあるかもしれませんが、
代表的なところを挙げるなら、この3つです。

これらの中でも、多くの借り入れできる可能性が最も高いのは?
ズバリ消費者金融です。急ぐのか、急がないのか、あとなぜ借りるのかを考える。
計画を立てるということからはじめましょう。

計画的な借り入れが必要

消費者金融での借り入れは、審査にとおりやすい分、
金利も高めに設定されているので、無計画な借り入れを続けていると、
あっという間に、多重債務、返済のための借り入れ、自転車操業といった
悪循環に陥りかねません。基本的には小口の融資で短期間の借入に適しているので
使い安いのですが、中には返済能力以上の借入をするケースも存在します。
なので状況を把握した上での計画的な借入が必要なんです。

消費者金融にも大手の有名業者から、小規模なものまで、実に多くの業者が存在します。
規模や有名無名のほかにも、特徴や傾向などが業者の数だけ存在するといっても
過言ではありません。

このサイトでは、消費者金融で借金をする時に、知っておくべき基礎知識に加え、
業者についての情報などをまとめてみたいと考えています。
借金をする際の参考にしていただければと思います。

借金で不動産を差し押さえされる前に考える事

小口の借金を消費者金融で行い多重債務になるという案件が個人にとっては多いのだが
一般的な消費者金融からお金を借りるのではなく、住宅ローンを借りて真面目にサラリーマンをやっている人間も下手をすると人生詰む時がある。

そんな事例を一つ上げよう。

住宅ローンは一般的には借りて家を買うことが普通、常識になってきているが、年収3~500万程度の方でもその恐ろしい常識にとらわれマイホームをもつ現代だ。

しかし、落とし穴は突然やってくる。リストラ等で再就職先がなくなってしまい収入ゼロ。アルバイト等では到底返済できない住宅ローン。これをもたもたしていると、住宅ローンの規約で家を差し押さえられ競売にかけられてしまう可能性があるのだ

競売は普通に自らの手で不動産会社をあたりマンション売却の見積もりをもらうよりもはるかに安い値で売られてしまうというリスクがある。その結果はどうなるか?

差し引きマイナスで借金だけが残ってしまうのだ。色を失った時と言うのはショックで現実逃避や思考も停止してしまう事が多いが、自分で物件を高く売るなりの行動が必要かもしれない。

COPYRIGHT© 2013 借金!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.