怖いというイメージがある消費者金融の実態について

借金!消費者金融

 >   >  なぜ消費者金融は怖いというイメージなのか

なぜ消費者金融は怖いというイメージなのか

お金を貸してくれるサービスといえばおおまかには、
銀行、クレジットカード、消費者金融などが挙げられますが、
この中でも融資の対象がもっとも広いのが消費者金融。
利用者の置かれている経済状況に対して、もっとも寛大な借入れ先であるといえます。

それと同時に、一般的にはもっともイメージが悪い、
消費者金融で借りること自体が、良くないことであるような先入観を持っている場合が多いのが事実です。

では、現在の消費者金融はどうなのかといいますと、
決してそんなことはありません。怖い人もいなければ、怖いところでもありません。

かつては80年代にはサラ金などともよばれ、借金に苦しむ利用者がクローズアップされたり、
映画やドキュメンタリー番組などでも、まるでヤ●ザみたいな怖い人が
厳しい取立てをしているシーンなどが紹介されたりして、当時を知る年配の方などは
そのころのイメージを連想させてしまうことが理由であると思われます。

90年代以降はかなり変化が

しかし、90年代に入ると無人契約機が登場して、コミカルなCMなどを放映したり、
キャッシングという呼称が多く使われるようになったり、
親しみの持てる芸能人がキャラクターに起用されたりと、
当時のイメージを払拭すべく、業界をあげての努力を行ってきました。

さらに近年では、上限金利の引き下げや、総量規制の導入、
そして、貸金業取扱主任者という資格が国家資格となり、この資格をもった者が、
営業所の人数に応じて配置されなければならない、という法規制ができたりしました。

さらにこれらの改正に伴い、業者数も淘汰される流れとなり、
小規模な業者は相当数減少し、ある程度の規模できちんとした営業を行っている業者
だけが生き残った形になりました。

このような流れから、特に大手業者においては、違法な取立て行為などはないといっていよく、
以前のイメージとは、かなりかけ離れたものになってきているというのが現状です。

ごく一部だが違法業者も存在

ただ残念なことに、いくら法律による規制を強めても、
無登録の違法業者の摘発を強化しても、完全になくなることがないのが、
ヤミ金業者とも呼ばれる違法業者です。

ほとんどの貸金業者がきちんとした営業を行っているのは事実ですが、
こういったごく一部の違法業者が存在することも、知っておかなければならないといえます。

消費者金融は上手に利用するならば、非常に便利で頼もしい存在といえます。
なにより、もっとも手軽にお金の借入れができるわけですから、
こういった貸金業者の性質を、しっかりと理解した上で計画的な利用をすることを心がけましょう。

COPYRIGHT© 2013 借金!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.