クレジットカードと消費者金融

借金!消費者金融

 >   >  クレジットカード会社と消費者金融の境目は曖昧

クレジットカード会社と消費者金融の境目は曖昧

消費者金融は個人に対して融資を行うという事業を続けてきた会社です。
かつてはサラ金と呼ばれ、サラリーマンを対象とした融資が主なものだったのです。

クレジットカード会社は信販会社とも言われるのですが、
クレジットカードによる決済機能の提供や、分割払いなどによって
利息収入を得る事を目的とした会社です。

本来、消費者金融とクレジットカード会社は別の目的で設立されていたのですが、
現在では事業内容が似通ってきています。区別は曖昧になってきていると言わざるを得ないでしょう。

消費者金融は法人ではなくて個人に貸し付けを行う事業を続けてきましたし、
クレジットカード会社も同じように個人に対して融資を行ってきました。
どちらの事業でも返済可能性を調査するという共通のノウハウがあるわけです。

消費者金融のクレジットカード

ですから、これを生かして相互に参入が行われました。
具体的には、消費者金融がクレジットカードを発行するようになりました。
消費者金融の発行するカードのブランドは様々ですが、
返済可能性の調査能力を生かして大幅にお客さんを集めるようになったのです。

もともと、消費者金融は銀行などに比べると返済可能性の低い人を
対象として融資を行っていた消費者金融ですから、
返済可能性の調査能力は非常に優れていると言えるでしょう。

そのために、他ではクレジットカードを作ることができない
お客さんを抱えることができるというメリットがあるのです。

クレジットカード会社のキャッシングサービス

クレジットカード会社もキャッシングサービスを提供し始めています。
最近ではたいていのカードに最初からキャッシング機能が付加されています。

キャッシングは、もともと消費者金融が提供し始めたサービスです。
このようにして双方の事業は相互に参入を続けてきましたから、
それによって双方の境界線は曖昧になってきていると言えるでしょう。
ですから、今後は統廃合が行われるようになれば、
完全にその二つの区別がなくなるという状態になる可能性はあります。

COPYRIGHT© 2013 借金!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.