いざという時に借りられないのはダメ

借金!消費者金融

 >   >  いざという時に借りられないのはダメ

いざという時に借りられないのはダメ

消費者金融の利用をする時の心境は借りていいのだろうかと不安になるくらいがちょうどいいのかもしれません。自分の都合のみで借金を背負ってしまい自己破産などをしてしまう方はストッパーが外れてしまったり常識を学んでいないことが多いのではないでしょうか。とよく言いますが、それよりも不安を感じないというほうが強いのではないかと想像しています。

人間が不安に感じるのはおそらく生物的な生理です。
危機感を持っているほうが良い意味では無理をせず安全な道を歩めるのではないでしょうか。
もちろん逆もしかりで危機感ばかりでアンパイな人生になってつまらないということもあり得るでしょう。ただ消費者金融からお金を借りるというこの1点の話になると、やはり不安と思う方のほうが正常でそう思うほうが大きな借金を抱えない人のような気がします。

不安感など全くないとにかくすぐにお金がほしいという方へ

まず冷静にそのお金は借りるべきものなのかを考える時間をもってください。

お金でなく感情は1日考えると冷静な判断が採れるものだと思います。
例えば友人や恋人と喧嘩をしたとき余計なひと言をその場でいってしまうことなどはあると思います。
ですが、その一言をぐっとこらえ1日寝て冷静に昨日のことを考えると言わなくて良かったと思うことなどは結構あると思います。

それと同じでお金を借りたい今すぐにという時に、すぐに借りるのではなく1日寝て考えてみてください。まず本当にその日に借りなければいけない理由があるのであれば、寝るという選択肢はなくなりますが、1日寝てみようと思う方はその時点でその日じゅうに借入する必要がないものであるということがわかりますよね。ほらね。すみません上から目線で。

無理に借入するものではない、いざという時の為に

消費者金融利用で勘違いしてほしくないのは、自分の財布のように利用してしまうことです。

お金を借入する機関と言うのはサービスとしては消費者金融や銀行くらいです。
人生でお金を借りることはそうなんどもあることではないですが、それぞれが1度や2度は借入して何かを手に入れなければいけない時があると思います。ですから無理に借入をしてしまい、いざという時に消費者金融から借りれないという状況は避けましょう。

COPYRIGHT© 2013 借金!消費者金融. ALLRIGHTS RESERVED.